能楽と郷土を知る会
By 能楽と郷土を知る会 Follow | Public

能楽(能と狂言の総称)は中世に発した日本の芸能であり、また近世の様々な文化の母体となりました。

特に江戸時代には武家の儀式の際の芸能となり、幕府を始め、諸大名でも盛んに愛好・上演されました。

能楽は、その普遍性に注目されがちではありますが、決して全国一律のものではなく、地域の特性を受けて、各地域に根付いてきた歴史があります。

「能楽と郷土を知る会」は、それぞれの地域に伝わる能楽の記録や記憶を掘り起こし、地域の歴史と一体として広めることを目的として、平成28年3月20日、兵庫県三田市を拠点に活動を開始しました。

地域の古記録に基づいた能や狂言を上演したり学ぶことで、地域の歴史を、楽しんで体感することの実現を目指しています。

ウェブサイト http://nohgaku-kyodo.com/